時期が終わったら保存|バラを育てて高級感あふれる庭にしよう|おしゃれな庭で暮らす
レディ

バラを育てて高級感あふれる庭にしよう|おしゃれな庭で暮らす

  1. ホーム
  2. 時期が終わったら保存

時期が終わったら保存

婦人

チューリップなどの花の芽は球根から生えますが、時期が過ぎてしまうと成長は終えてしまいます。そのままにすると球根は腐ってしまうので、土から取り出すことが重要になってきます。なお、球根の保存方法を知っておくことにより、翌年度から再び植えて栽培を始めることができます。同じ綺麗な花が庭に広がるので、ガーデニングへの楽しみを広げられるでしょう。保存方法としては、球根を土の中から取り出し、余分な芽や土を取り除き、ネットなどに入れておくことが挙げられます。高温多湿の環境であると、球根が病気になってしまう可能性があるため注意しておきたいところでしょう。上手く保存をしておくことで、何年も同じ球根を使用することができます。

球根を保存して何年も育てるという方法以外に、分球で球根を増やすという方法もあります。成長が進むに連れて見られる現象であり、分けておくことによって花の数を増やすことができます。また、球根を守るためにも分球は必要であるため、ある程度成長が進んだら球根の状態についてチェックしておくことが肝心になります。球根を分けて、均等に植え替えることにより栄養素を球根同士で取り合ってしまうこともありません。それぞれでスムーズに成長を進めてくれるので、より庭の魅力を高めていくことができるでしょう。このように球根には様々な特徴を持っているため、栽培を始める前にチェックしておきたいところです。また、品種ごとに育て方に違いがあるので、その点も把握しておくことが大切です。